田舎暮らし賃貸とは ∥ 田舎暮らし格安物件 ∥ 古民家賃貸

「スポンサーリンク」

 

 

 

 

木曜日

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でやってはいけない事(5)

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でやってはいけない事とは何故田舎暮らしを始めたのかを考えれば自ずと分かる事が多いが、分からない事も多々あるので要注意!!

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でやってはいけない事(5) ⇒ いくらタラの芽が好物でも、絶対にタラの木(タラの芽が芽吹く木)を庭に植えないこと。
東京の奥多摩町の農家風の古民家でも、神奈川県三浦半島の洋風の古民家でも、千葉県南房総の御殿風の古民家でも、大体広~い庭が付いている。
そんな広~い庭が付いている古民家を賃貸で借りてウキウキしながら田舎暮らしを開始して、すぐにやりたい事は、大その広~い庭に何か木や花を植えたくなる。
最近は、ホームセンターにもタラの木(タラの芽が芽吹く木)の苗を売っているので、タラの芽が好物なお方は、すぐにその賃貸で借りた古民家の広~い庭にホームセンターから購入したタラの木(タラの芽が芽吹く木)を植えてしまう。
最初は、芽吹いたタラの芽をせっせと摘み取って、美味しい(ウ~マイ)・美味しい(ウ~マイ)でめでたしめでたしだが、新芽が出なくなりタラの木(タラの芽が芽吹く木)の新緑が青々と茂り始める頃、ふと足元に目を向けると、タラの木(タラの芽が芽吹く木)の子供らしき新芽がニョキニョキと顔を出していることに気が付くことでしょう。
そして、そのまま2~3年間放置したとします。
見事に、その賃貸で借りた古民家の庭は、タラの木林となっていることに気づかされます。
2~3年間放置したタラの木は、幹周りはそれほどでもありませんが、高さはゆうに3~4m位にはなります。
万一、賃貸で借りた古民家の賃貸借契約を解除とか解約して、大家さんに物件を返す折には、そのタラの木林を元の姿に戻さなければいけません。
そこまで、考えた上でのタラの木林であった場合にはやむ負えないでしょうが、ただ単にタラの芽を食べたいだけでしたら、庭にタラの木を植えるのは我慢して、賃貸で借りた古民家周辺の里山で、誰でも自由に山菜狩りが出来る里山を見つけて、運動がてら山菜狩りに出かけ、タラの芽を心行くまで採取された方が、庭にタラの芽の苗を植える手間も省けて、大変よろしいのではないかと思います。



「スポンサーリンク」



スイカ
少しスが入っておりますが、無農薬で有機栽培の家庭菜園で栽培したスイカはジューシーで非常に美味しかった!!

水曜日

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でやってはいけない事(4)

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でやってはいけない事とは何故田舎暮らしを始めたのかを考えれば自ずと分かる

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でやってはいけない事(4)昔ながらの童話に描かれているような茅葺き屋根や麦わら屋根を瓦葺とかスレート葺やトタン葺き屋根などに葺き変える
例えば、昔ながらの茅葺き屋根を洒落たスレート葺きに葺き替えて、その天辺に風見鶏を飾ったりするイカレタ行為。
昔ながらの童話に描かれているような茅葺き屋根や麦わら屋根は、田舎暮らし格安物件の古民家賃貸では翡翠の様な宝物。
昔ながらの童話に描かれているような茅葺き屋根や麦わら屋根に憧れて田舎暮らし古民家賃貸を求める人はたくさんいる。
昔ながらの童話に描かれているような茅葺き屋根や麦わら屋根に特殊塗料を吹き付けてカラーコーティングして、茅や麦わらの耐久性を強化させ、屋根の輝きを増した古民家での田舎暮らしを想像しただけで胸がワクワクしてくる・・・??
生活の便利さを求めてわざわざ田舎暮らしを始めるのであれば、最近の都会の空気は昔と比べればかなり田舎に近づいているので、都会にいた方がずっと便利な暮らしが出来る。
格安古民家賃貸で田舎暮らしをする不便さに意義が有る事に気付いて欲しい。


日曜日

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でやってはいけない事(3)

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でやってはいけない事とは何故田舎暮らしを始めたのかを考えれば自ずと分かる

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でやってはいけない事(3) ⇒ 古臭い昔ながらの囲炉裏を壊して撤去する。
例えば、昔ながらの囲炉裏を撤去して、そのスペースにモダンな薪ストーブを設置する。
古臭い昔ながらの囲炉裏は、田舎暮らし格安物件の古民家賃貸ではダイアモンドの様な宝物。
古臭い昔ながらの囲炉裏に憧れて田舎暮らし古民家賃貸を求める人はたくさんいる。
囲炉裏の自在鉤に吊るして沸かした鉄瓶のお湯は非常に美味しいし、その燃料の炭の灰などは家庭菜園で大活躍をしてくれる。
生活の便利さを求めてわざわざ田舎暮らしを始めるのであれば、最近の都会の空気は昔と比べればかなり田舎に近づいているので、都会にいた方がずっと便利な暮らしが出来る。
格安古民家賃貸で田舎暮らしをする不便さに意義が有る事に気付いて欲しい。

千葉県大多喜城

月曜日

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でやってはいけない事(2)

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でやってはいけない事とは何故田舎暮らしを始めたのかを考えれば自ずと分かる

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でやってはいけない事(2) ⇒ 古臭い昔ながらの釜戸を壊して撤去する。
例えば、昔ながらの釜戸を撤去して、そのスペースにモダンなシステムキッチンを設置する。
古臭い昔ながらの釜戸は、田舎暮らし格安物件の古民家賃貸では翡翠の様な宝物。
古臭い昔ながらの釜戸に憧れて田舎暮らし古民家賃貸を求める人はたくさんいる。
釜戸で炊き上げたご飯は非常に美味しいし、その燃料の薪の灰などは家庭菜園で大活躍をしてくれる。
生活の便利さを求めてわざわざ田舎暮らしを始めるのであれば、最近の都会の空気も昔と比べればかなり田舎に近づいているので、都会にいた方がずっと便利な暮らしが出来る。
不便さを求めて格安古民家賃貸で田舎暮らしをする事に意義が有る事に気付いて欲しい。

木曜日

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でやってはいけない事(1)

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でやってはいけない事とは何故田舎暮らしを始めたのかを考えれば自ずと分かる

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でやってはいけない事(1) ⇒ 古臭い昔ながらの住宅設備を近代的な家電などに入れ替える。
例えば、五右衛門風呂を撤去して、そのスペースにモダンなユニットバスを設置する。
五右衛門風呂は田舎暮らし格安物件の古民家賃貸では宝物。
五右衛門風呂に憧れて田舎暮らしを始める人はたくさんいる。
五右衛門風呂にはいろいろな効能があるし、その燃料の薪の灰などは家庭菜園で大活躍をしてくれる。
生活の便利さを求めてわざわざ田舎暮らしを始めるのであれば、最近の都会は空気も昔と比べればかなり良くなって来ているので、都会にいた方がずっと便利な暮らしが出来る。

金曜日

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で田舎暮らし(10)

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で田舎暮らしウキウキ♪カラオケ(2)

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で田舎暮らしシリーズも第10話となりました。
前回の田舎暮らし格安物件での古民家賃貸ウキウキエピソードの「♪カラオケで近江俊郎さんの♪山小舎の灯を一人さびしく熱唱する」が大好評だったものですから、気を良くして『田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で田舎暮らしウキウキ♪カラオケ(2)』をしたためることにしました。

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で田舎暮らしでの次のオススメ一人♪カラオケ熱唱は、舟木一夫さんの「♪高原のお嬢さん」です。
この舟木一夫さんの「♪高原のお嬢さん」のカラオケのイントロが流れ始めると、侘しい一人暮らしの古民家の裏山が、まるで清里高原のようにすがすがしく変身し、いたるところに咲き乱れる美し森(うつくしもり)のレンゲツツジ群落の中で三十数年前、写真を撮ったかわいい彼女の姿が、目の前に居るように瞼に浮かんできます。
そして『あの人に逢いたい~♪~』と歌い始めると、遊びつかれた二人が清里駅近くの『ミルク』という喫茶店(今はもう無い)で楽しい時を過ごした青春時代の思い出でが走馬灯の様に流れるのです。

美し森(うつくしもり)のレンゲツツジ群落と八ヶ岳

水曜日

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で田舎暮らし(9)

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で田舎暮らしウキウキ♪カラオケ

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で田舎暮らしシリーズも第9話となりました。
去年のお約束の田舎暮らし格安物件での古民家賃貸ウキウキエピソードは、家庭菜園の次は♪カラオケです。
田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で田舎暮らしでの一番のオススメは、♪カラオケで近江俊郎さんの♪山小舎の灯を一人さびしく熱唱することです。
古民家は山小舎に比べればかなり大きいけど、夜更けに隣を流れる小川のせせらぎを聞きながら近江俊郎さんの♪山小舎の灯を一人さびしく熱唱すると、本当に北アルプスの山小舎で初恋の女性を偲びながら♪山小舎の灯を歌っている気分にしてくれます。
だいたいそういう夜は夢枕に初恋の女性が出てくれます。
格安物件の賃貸といえども、本格的な田舎の古民家ですから、夜更けにカラオケを熱唱しても、どこにも聞こえません。
私服のひと時と言えましょう。